SEO

SEO対策には逆もあるよ。初心者は知らないSEOの真実

WEBサイトやブログの運営をするとき、多くの閲覧者を呼び込むために行うのがSEO対策です。検索エンジンで、特定のキーワードを検索するときに上位表示されるように工夫をすることです。SEO対策に成功すれば、安定して閲覧者が来るようになります。

一方でSEO対策では逆seoという用語が使われることがあります。

逆seoとは、検索エンジンで特定のキーワードを検索するときに、ネガティブなことが下位表示されるように工夫することです。

逆SEOはネガティブサイトの検索順位を下げること

それがどういうことなのかを理解しやすくするため、飲食店を例に挙げてみましょう。

お店の悪評は売り上げに直結する

飲食店では、自分の店の名前を検索されるときに上位表示されてほしいのは良い評判です。

でも「まずい」とか「待たされた」といった事が書かれているWEBサイト・ブログが上位表示されていれば、検索した人は真っ先にそこへアクセスしてしまいます。

そして、書かれている事の真偽はどうであれば悪評を目にすれば、もうお店に行きたいという気持ちはなくなるでしょう。

上手に使えば業績が上がるインターネットですが、このように真逆の作用をもたらすのが怖いところです。

ネガティブサイトを削除したいなら逆SEOが効果的

そのように悪評が書かれているWEBサイトやブログに対して、削除要請をするのは時間と労力がかかります

それに表現の自由は憲法で保証されているので、一線を越えなければ何もできません。

削除ができないならば、検索上位に表示されないようにすれば、人の目に触れる機会が少なくなります

そのためにやることが、逆seoということです。

逆SEO対策、具体的に何をすればいいのか?

逆seoでは具体的に何をするのかというと、よくある手法がポジティブな内容を書いたWEBサイトやブログを大量に作り検索結果の上位を独占させることです。

逆SEO対策、方法を間違えたらすべてが無駄になる

ただし、同じ内容の記事をただ貼り付けただけとかポジティブなキーワードを並べただけでは、検索エンジンのアルゴリズムで除外されてしまいます

特に隠しテキスト隠しリンク、プログラムによる記事の自動生成被リンクの購入などはブラックハットと呼ばれる絶対にやってはいけないことです。

そういった行為をした場合には、検索結果が下がるどころか、表示すらされなくなります

つまり、すべての手間が無駄に終わります。

ネガティブ情報を駆逐するためであっても違法行為はNGです

他にも逆seoでやってはいけないのが相手のWEBサイトやブログにウィルスを仕込むとか、サーバーからデータを消すという行為です。

クラッキングは違法行為であり刑事罰の対象ですから、バレたら警察に捕まります。

他にも著作権侵害を訴えるDMCA申請で相手のWEBサイトやブログの削除を要請するという手法も、虚偽の申請ということで損害賠償請求されてしまいます。

逆SEO対策は手間と時間が必要

ということで、合法的に目的を達成させるためには、上位に表示させたいWEBサイトやブログはオリジナリティと高いクオリティが必要です。

しかも、検索順位は頻繁に入れ替わるので、上位表示を維持したいならば常に手を加え続けなければいけません

それは相当な時間と労力を費やすことになりますから、簡単にはできないことです。

逆SEO対策は信頼できる専門家に依頼するのが得策

どうしてもやろうというならば、自力でやるのではなく専門の業者を雇うことが多いです。

その業者というのも、力量にはバラツキがありますから頼むところを間違えれば期待通りの結果がでずにお金だけ取られます。信頼できる業者の選定をしなければいけません。

さらに注意するべきこととして、理想的な検索結果が表示されるようになったとしても問題がすべて解決したと言えません

ネガティブ情報が事実なら逆SEO対策よりも改善が有効

そもそも、悪評が事実無根のことであったならばともかく、事実であればより多くの人が同じ内容のWEBサイトやブログをつくる可能性があります。

なので、提供する商品・サービスの質を改善する努力をしてこそ、はじめて悪評をネットから駆逐できます。

ネガティブ情報を発信した人物の神経を逆なでしない

加えて、悪評を書いていた人の中には偏執的な性格を持っている人もいます。敵と認識した相手を徹底的に攻撃しないと気が済まないタイプです。

そういう人は、逆seoによって自分の主張が潰されたと感じたら、掲示板やSNSなども活用して悪評を拡散しようとします

そうなると、業者に頼んで大量に作ったWEBサイトやブログのことが表沙汰になり、都合の悪い事実をもみ消そうとしたというイメージが持たれてしまいます。

そういった反発を受けないように慎重に検索順位を変えていかなければいけません。

競合相手の検索順位を下げたいなら正攻法で努力しよう

ちなみに、ここまで紹介したことは悪評を消すことが目的でした。

では、競合するWEBサイトやブログの順位を下げることはできるのかというと、健全な運営をしている相手に仕掛けることはルール違反です。

相手のサイトに低品質な被リンクを貼り付けるなどの行為で、検索順位を下げる方法がありますがそれが発覚すると検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。

競争に勝ちたいならば、純粋に自分の検索順位を上げる努力をしましょう。

逆に競合相手からそのような攻撃をされるとき、事前に防ぐことは無理ですがすぐに対処できるようにしておけば影響を最小限に抑えられます

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5