SEO

強いECサイト決定版。ECサイトのSEO対策はシンプルです。

seoとは検索エンジン最適化を意味するもので、英語でこれを表した時の頭文字を取ったものです。

Googleなどのエンジンへ対しウェブページの内容や価値などを理解してもらえるよう最適化して、調べた時にサイトを上位表示させる技術のことを指します。

ECサイトの運営はSEO対策が重要

ecサイトを運営するあたり、Googleなどの検索結果上位に自社を表示させるため行うSEO対策はとても重要となります。

なぜ強いSEO対策が重要となるのかと言うと、市場規模が大きくなって、それに伴い総数も増え続けていることが関係していると言えるでしょう。

今後も競合他社との差別化を図る必要があり、検索上位へ上がるつくりであれば訪問者の数もとても多く、検索会の競合他社と比べるとより多くのユーザーから商品を購入してもらえるチャンスを得ることなるのです。

ECサイト運営のSEO対策はシンプルです

とはいえSEO対策はとてもシンプルです

キーワードの選定は重要ポイントの1つ

SEO対策ではいくつかのポイントが重要なりますが、その一つとして挙げられることがキーワードの選定です。

適切キーワードを選ぶことは、最も重要な要素と言えるでしょう。

ECサイトに有効なキーワードはロングテールキーワード

競合が少なく、ユーザーのニーズへ合うボリュームの高いキーワードを探し出すことが何よりも重要であり、適切なキーワードとしてロングテールキーワードと呼ばれることが挙げられます。

これはどのような事なのかと言うと、メインとなる言葉複数のワードを組み合わせることで対象を絞るキーワードのことを指します。

これ対して1語だけのキーワード単純なものの場合はボリュームが大きく競合性の高いビッグキーワード該当します。

購入や予約などのECサイトが求める最終的な成果へ繋がりやすいのは、ロングテールキーワードだと言われています。

これを選定する方法としては、Google検索の関連キーワードを探す、ECサイトの最大手でもあるアマゾンで提示されるサジェストなどを参考する必要があります。

適切な内部構造も重要ポイントです

そして二つ目は適切な内部対策が挙げられます。

ユーザーや調べた結果から最適なページであると認識されるため、中の構造へ気を配るのです。

コンテンツが重複しないような工夫が必要

構築するにあたり注意しなければならないことは、重複コンテンツに注意することです。

同一商品のカラーバリエーションごと個別のページを作成した場合は、これが重複したコンテンツであるとみなされて評価を下げられてしまう可能性が考えられます。

カラーバリエーションに関しては、一つのページで画像を切り替えるなどする必要があるでしょう。

ユーザーが理解しやすいページタイトルを心がけよう

また分かりやすいページタイトルやコンパクトなURLを採用することです。

これはユーザーがクリックするかどうか大きく関わることであり、シンプルなURLやわかりやすいタイトルを心がけることが重要です。

思わずクリックしたくなるような一言を添えてみるのも良いでしょう。

スマホでも閲覧しやすいデザイン設計も重要

そしてモバイルフレンドリーを心がけることです。

近年ではスマートフォンなどのモバイル端末からのアクセスが主流であり、モバイルファーストの姿勢が大きくなってきています。

スマートフォンでも閲覧しやすいようなデザインにすることを心がけましょう。

ユーザーに認知してもらえるようにコンテンツマーケティングが重要

そして三つ目のポイントとしては、コンテンツマーケティングが挙げられます。

これはインターネット記事などのコンテンツを通し、ユーザー意味のある情報を発信して自分の会社の存在をユーザー認知してもらうことです。

これより購入や会員登録などを促すマーケティング手法を指します。

サイトのファンを増やす方法を考えよう

ユーザーに合わせた商品の選び方を解説したり、訪問したユーザーの悩みを解決するようなコンテンツを作成し、ファンを増やす手法などがあるでしょう。

ファンが増えればこれが購入つながる可能性もグンと高まります。

外部リンクを増やしてユーザーを獲得

最後は被リンク対策です。被リンクとはどのようなものなのかと言うと、外部から自社向けられたリンクのことを指し、被リンクが多いサイトをユーザーにとって有益だと判断することから常時表示されやすくなるでしょう。

自作自演と判断されないように気を付けよう

しかしこの被リンクは自然リンクと自演リンクと呼ばれるものがあり、自演とは自分で用意した複数のものからリンクを貼るものであり、業者対価を支払って貼ってもらうなどのものもあります。

これが自演とみなされた場合はマイナスの評価を受けて順位は大きく下がることでしょう。

使いやすいページを心がけよう

そして商品を購入しやすい導線を設計するようしましょう。

サイト内の全てのページからマイページや買い物かご移動できるようすることよって、使いやすいWebページとなります。

どのようなプロセスをたどり商品を購入するのかその導線を見直すことが重要です。

SNSで共有しやすいように

流れを意識し商品を気入ったユーザーが共有しやすいようSNSにつながるボタンを設置するなどすれば、なお良いと言えます。

より良いECサイトを運営するなら適切なSEO対策を

より多くの顧客を集めて売上を伸ばしたいと考えるのであれば、適切なSEO対策を欠かすことはできないでしょう。

商品を紹介するページを作るだけではなく、ユーザーから評価されるような内容のページを作った上で、これを売上へつなげる必要があります。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5