SEO

楽天市場内でできるSEO対策。初心者でもできる安全な方法

楽天市場内にお店を出している人にとって、お客さんが何かの商品キーワードで検索した場合に、その商品が自社のお店で取り扱っているものである限りは、できるだけ検索結果の上位に表示してもらいたいと考えることでしょう。

これは一種のseo対策ということができます。

楽天市場で上位に表示されればユーザーのイメージが良くなる?

一般的には、別に楽天市場のようなショッピングモールではなくて、通常の検索エンジンでキーワードを入力した場合に、自分のウェブサイトが上位に来るように何らかの形で対策することを指しますが、それと似たようなことです。

自分自身が客の立場で物を考えてみれば分かりますが、検索結果で上位に示されたお店は、

  • サイトが推薦している
  • 調べたキーワードに合致している可能性が高い
  • 他の多くの人も利用していて信頼性が高いに違いない

というように感じるのが当たり前です。

これらはどれも真実かというと決してそうではなく、そのようなことは別に主催者側として保証してはいないのが普通ですが、そんな難しい理屈はともかくとして、顧客としてはそのように感じられるものなのです。

結果として、上位に示されたお店で商品を購入する人が多くなります。

他と比較して品質や価格を納得するために、別のお店をいくつか見て回ることも確かにあるでしょうし、その中で気が向いて購入することもあるかもしれませんが、検索の下位に表示されるとか、あるいは2ページ目とか3ページ目以降になると、率直に言って見向きもされないのが普通です。

ユーザーコメントはお店の評価につながる

そこで、何としても上の方に表示させるようにしたいわけですが、これにはいくつかの方法があります。

レビュー結果によって楽天の評価が変わる

例えば商品を既に購入したお客さんからのレビュー結果です。

レビュー結果が多く、しかも良いコメントが多いとなると、それだけ多くの人が支持していることは明白ですから、楽天としてもそのお店に太鼓判を押すことができます。

ユーザーのマイナス感情は楽天にも向けられる?

考えてもみてください。

もしそのお店で商品を購入した人が何かのトラブルに遭い、ネガティブな感情を持ったとすればどうなるでしょうか。

お店自身に対してマイナスの感情を持つのもさることながら、楽天というブランド全体に対しても決して良い感情を抱かないはずです。

ショッピングモールに出店させているだけというビジネスモデルを十分に理解している人ばかりではありませんから、むしろ運営者側に対してのみ大きなマイナスの感情を抱く人もいるかもしれないわけです。

良いコメントが多いお店を楽天も応援する

これはできるだけ避けたいですから、この逆を目指そうとすることになり、多くの人が良いコメントを残しているようなお店は主催者としても自信を持って勧めることができ、検索結果の上位に表示させようとするのはむしろ自然な流れになります。

コメントを促すのはある意味正統派のSEO対策

ちょっと別の話になりますが、様々なお店で、商品購入者に対してコメントの投稿を促していたり、投稿すると何らかの特典やメリットを提供していたりするのはまさにこれが理由です。

ある意味で正統派のseo対策をしているお店ということになります。

コメント数には上限が決められているのか?

ただし、だからと言ってコメントの数はいくらでもとにかく多ければ多いほど良いというわけでは決してありません

少し想像すれば分かることですが、そのような極端なことをすると、必ずと言って良いほどそれを逆手に取る人が出てきます。

それこそ、内輪で商品を購入して大量のコメントを投稿させるといった自作自演まがいのことをする人も出てくるかもしれず、またそれを完璧に防ぐことは困難です。

そのため、ある程度以上にコメントの数が多くても意味がないというか、打ち切りに達するようになっていると考えるのが自然です。

数十件から100件前後が上限

どれくらいが上限かはもちろん明確になどされていませんが、これも常識を働かせれば良いでしょう。

普通の人が、商品検討や購入にあたって、一体どれくらいの数のコメントがあればもう十分でそれ以上はあっても意味がないというか、そこまで見るだけの時間などないという事態になるかということです。

もちろん商品の性質によっても異なるでしょうし、人によっても、またその時の気分次第の面もあります。

ですが、数件や10件程度あればもう十分ということは普通ないと考えられます。

一方で、500件とか1000件以上もあることが有益と考えられるシーンもまず無いと思って良いはずです。

数十件から場合によって100件前後の数がとりあえずの上限と思っておけば大きなずれはないでしょう。

商品説明に適切なキーワードを盛り込もう

コメントの他には、商品説明ももちろん重要な要素であることは間違いありません。

商品説明は決して飾りではなく、単に商品名だけでなく、その商品説明の中に検索対象となったキーワードが適切に含まれていることは重要な要素です。

もちろん、無理にキーワードを含めようとしてはいけません。

そのような不自然なことをしては逆にseo対策に反します

あくまでも自然な形でキーワードを説明文の中に含めるようにすれば、自然と適切なseo対策を採っていることになるはずです。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5