副業

初心者フリーランスの副業はライターがおすすめな理由。【稼げます】

初心者フリーランスの副業なら、おすすめはライターです

初心者フリーランスにライターを進める理由

理由1.時間や場所に縛られない

ライターをおすすめする第一の理由は、時間や場所に縛られず働けるからです。

自宅でもカフェなどの外出先でも、パソコンとネット環境さえあればどこでも仕事ができます。

締切にさえ間に合えばいつ仕事をしても良いわけですから、たとえば子育てをしながら働きたいなら、子どもが学校に行っている間や寝静まってから取り組めるでしょう。

時間や場所に縛られないことで家庭と仕事を両立できるようになるのは、フリーランスの副業としておすすめです。

理由2.稼げる

おすすめする第二の理由としては、単純に稼げるからです。

かつては専門知識がなくても出来た仕事

ライターとして仕事をしていくためには、ライティングの技術や専門知識が必要だと思うかもしれません。

確かに両方とも現在のライターには非常に重要な要素で、かつては中身がない記事を量産しておけば検索順位が上がったので、専門知識やライティングの技術は必要ないとされていました。

現在は中身のある有益な記事が求められる

しかし現在の検索エンジンは、ユーザーが求める情報を上位に評価します。

かつては有効だった中身のない記事を大量に用意する方法は評価されなくなり、逆に他のサイトにはない価値を提供できる記事が求められています

そのためライターにも、ライティングの技術と同時に専門知識を要求される時代になりました。

経験で得た知識があればライターになれる

しかしライターに求められる専門知識というのは、それほど難しく考える必要はありません。

たとえばこれまで金融業界で仕事をしてきた経験があるなら、そこでの知識や経験を活かして記事を書けば良いでしょう。

他の分野なら全くわからない素人でも、金融業界に強いライターになるだけで高く評価されます。

金融業界に限らず不動産や美容など特定の分野にさえ強みがあれば、その記事を書いて欲しいクライアントからは重宝され仕事を受けられるようになります。

価値の高い記事が高収入になる

価値の高い記事を書けると判断されれば、クライアントからも継続して仕事がもらえるようになり安定して稼げるようになり、一部には1ヶ月に50万円以上稼ぎ出すライターもいるほどです。

SEOやWebマーケティングの知識についても、ライターとして仕事を繰り返すことで自然と身に付けることができます。

基本的なライティングの知識は様々なところで紹介されていますし、繰り返し仕事をこなすことで自分でも理解を進められるでしょう。

特定分野の専門知識がありWebライティングの基礎を理解できているなら、クライアントとの交渉でも有利になって、記事1本あたりの単価をさらに引き上げることもできます。

単価が上がればさらに効率的に稼げるようになりますから、フリーランスの副業には最適です。

専門知識があってもライターにはなれない?

専門知識があってライターとしての実力があっても、問題となるのは最初です。

経験がない初めは仕事が取りにくいのはフリーランスに共通する問題ですが、ライターはそれらの問題をクリアしやすいとされています。

ライターは未経験でも出来る?

フリーランスの副業としてライターを選ぶなら、まずはポートフォリオを作らなければいけません。しかしポートフォリオはただ作っただけでは意味がなく、信頼できる内容にする必要があります。

未経験者はこのポートフォリオを作る段階で躓いてしまいますが、ライターはエンジニアとは違い未経験者でも多くの仕事が募集されています。

エンジニアなどの職種とは違いなぜ未経験者の募集が多いのかというと、それは特別な専門知識を持っている人を求めているからです。

ライティングの技術は経験を積むことで積み重ねられますが、これまでの経験から得てきた専門知識を持つ人材はそれだけで有能と評価されるので、ライターとして未経験でも応募すれば採用される可能性が高くなります。

仕事を一度もらうことができれば、あとはしっかりとした中身のある記事を書きましょう。

仕事を積み重ねてポートフォリオを充実させよう

納品し評価されればポートフォリオに追加することで、ライターとしての信頼度がアップします。

信頼度がアップすれば別のクライアントからも依頼が舞い込み、そこで結果を出すことで次の仕事も回してもらえるようになるでしょう。

仕事を繰り返すことでポートフォリオはさらに充実していくので、好循環のループに入ることができます。

フリーランスは継続した受注が大切

フリーランスで働くときは、継続して仕事をもらえるようにすることが大切です。継続して仕事がもらえることで収入が安定し精神的なゆとりができますから、余裕を持って取り組めるようにもなります。

そのための第一歩としてまずはブログを作ったり、クラウドソーシングのサイトに登録して仕事を受注するところから始めましょう。ブログを作って記事を書くことで基本的なライティング技術、Webライターに必要な知識を学べます

また最初はクラウドソーシングのサイトを利用してクライアントと繋がり、直接交渉できるきっかけを作るのも大切です。

未経験者でも稼げる副業は限られていますが、専門知識を生かしながら働けるライターなら初心者でもかせる可能性は大いにあります

-副業

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5