SEO

海外向けseo対策で困ったこと。悩んだこと調べてみた

ウエブマーケティングでさらに収益の拡大を狙うなら、日本国内だけでなく海外での検索ユーザーにも自社の商品やサービスを訴求することが出来れば理想です。

インターネットユーザーは検索エンジンを通じて、必要な情報をえるという行動にでるのが一般的なので、検索結果が上位に表示されることができれば、より多くの層にリーチすることができます。

この結果を得るために必要なのが、seo(検索結果の最適化)にあります。

検索結果とSEOの関係を理解しよう

自社の商品やサービスに関連するキーワードが検索されたときに、自社サイトが上位に表示されれば、購買につながるユーザーにヒットする機会は多くなり、認知されることになるのでマーケティング上で優位性を発揮できます

コンテンツのクオリティを上げることがSEOの基本

検索エンジンにはクローラーが実装されており、検索ユーザーにとって有益と判断されるコンテンツは高く評価され、検索結果でも上位に表示されるアルゴリズムが採用されています

だからといって検索上位のキーワードを機械的に羅列したワードサラダや被リンクの数だけをとにかく多くするような対策では、検索エンジンのアルゴリズムからは、ユーザーにとってのメリットや満足度を無視していると判断されて、検索下位に沈んでしまうことになります。

そのためseoではユーザーが満足できる検索体験を実感できるよう、コンテンツのクオリティが重視されているのです。

海外向けのSEOもコンテンツのクオリティが重要

これは国内だけいに妥当する結論ではなく、海外向けサイトであっても同様です。

海外ユーザーの満足度を考慮したコンテンツを作ること

単純に日本語のコンテンツを機械翻訳で現地向けに訳せば足りるというわけではなく、現地人のユーザーにとっても閲覧したときに満足できるコンテンツを作成提供する、という考え方を機軸にサイト運営を進める必要があります。

これを実践するには、現在高く評価されているコンテンツを調査し、そこで提供されているコンテンツや得られる情報をもとに、自社作成するコンテンツの作成を適切に行う必要があります。

海外向けのサイトは一度上位を獲得すれば長期間維持できる

このように海外向けseoは、国内向けとは異なる側面があるので、デメリットが強く意識されるかもしれません。

この点、通常のマーケティングではターゲットとする国の代理店マーケティング代行会社を通じて行う必要があります。

ところが海外向けseoなら海外向けウエブサイトの立ち上げと、コンテンツの作成提供だけで賄えるというメリットがあります。

しかもいちど検索結果上位に表示されれば、上位結果は比較的長期間維持することができるので、安定した集客を見込めることも叶います。

海外向けSEOの問題点を理解しよう

それでは海外向けseoを実践するにあたり、問題点となるのはどのような事項なのでしょうか。

Googleのアルゴリズムに頼ってはいけない

まず日本国内と海外とでは主流の検索エンジンが違うことが珍しくないことを指摘することができます。

日本の検索ユーザーはGoogleとYahooが主流となっており、Yahooが検索エンジンでGoogleを採用しているので実質的にGo0ogleのアルゴリズムを前提に対策をたてることになります。

これに対して中国ではバイドゥー、ロシアではYANDEX、ヨーロッパではBingも一定のシェアをもっており日本国内での方法論が必ずしも成功につながるとは限りません

したがって日本国内で人気のコンテンツであっても、現地語に翻訳したコンテンツを提供したところで、望ましい結果をもたらさないこともあります。

言語の壁を乗り越えなければいけない

またなにより言葉の壁は、インターネットの世界であっても同様です。

自社サイトから集客につなげるためには、良質なコンテンツの提供は必須なのは言うまでもありません。

コンテンツ作成は、キーワード選定・競合調査・コンテンツの作成と編集、そして効果測定という順番をたどります。

これら一連のプロセス全体で外国語がかかわってくるため、キーワードの選定から始まって現地語ネイティブスタッフの関与のもと進捗させてゆくことは必須です。

キーワード選定はネイティブにお任せ

選定キーワードの重要性からしても、現地の人が検索するキーワードをマーケティング知識を持ち合わせたネイティブに選定をゆだねるほうが良好な結果を得られるでしょう。

コンテンツのなかで満足度を実感できるようにするには挿入のタイミングや、現地人に受け入れられやすい表現など、非ネイティブであっては把握することが困難なことがあります。

世界中で使用されている言語を理解してコンテンツ作りを

ところで世界中のインターネットで使用されている言語は、

  1. 1位が英語(25%強)
  2. 2位が中国語(19%)
  3. 3位がスペイン語(8%ほど)

となっており、日本語は8位(3%以下)のシェアにとどまります。

このようなシェアを前提にすると同じものを意味するキーワードであっても、咬合するコンテンツは飛躍的に増加することになるのです。

例えば中国語であれば6倍以上、英語にいたっては約10倍にも達します。

つまり日本語で1位となったキーワードでも、英語圏では10位以下にとどまる可能性も否定できません

ターゲットとする言語や検索ボリュームヒット数などを想定してコンテンツの企画と作成を行うことはseoではとりわけ重要です。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5