SEO

逆SEOの方法を調べてみたら面白かった。試す価値あり

インターネットでの情報提供が自由に行われるようになった結果、誹謗中傷が増加したり、風評の拡散が行われるなど、名誉棄損となるような事例が増えました

このような事態に対処するために登場したのが、逆seoです

誹謗中傷や風評被害に立ち向かう方法はあるのか?

これは、誹謗中傷や風評の拡散を行っているブログやレビュー、口コミやSNS、匿名電子掲示板などのサイトの検索順位を下げたり、検索結果から取り除いたりすることを目的にした施策や方法のことを言います。

最も健全な方法は自分のサイトを見直すこと

逆seoを行う方法はいくつかありますが、その一つが、コンテンツを見直すなどして自分のサイトを上位に表示させることです。

このことで、自分のサイトに対してネガティブなことを言っている他のサイトの評価を下げることができます。

これは自分でできる施策であり、最も健全なやり方ということができるでしょう。

自分のサイトを持っていないなら内容の削除を求めるしかない

自分のサイトを持っていない場合は、サイトの運営側やネガティブコメントを公開しているアカウントの所有者本人と交渉し、問題点を指摘して、内容の変更や削除を求めることもできます。

ですが、これは匿名でやり取りが行われる掲示板や口コミサイトでは利用しづらい方法です。

専門知識がないと自分で申請するのは難しい

投稿者本人との交渉が難しいサイトに関しては、そのサービスを提供している事業者に、プロバイダ責任制限法といわれる法律を盾にしてコンテンツの削除を求めることもできます。

ただし、このような場合は、サービス事業者のほうが知識や経験を持っているため、個人での申請が難しいケースも目立ちます。

それで、法的に問題があることをきちんと指摘できる弁護士や警察などに依頼するのが最善のようです。

検索エンジンから削除してもらうことも出来る?

また、検索結果でネガティブなコメントが上位に表示される場合は、検索エンジン側に削除申請をすることもできます。

この場合は、検索エンジンサイト側で明確な判定基準を持っているため、申請内容によっては削除を断られるケースがあります。

このように考えると、特に被害が大きい場合は、警察や弁護士などの専門家に相談するのが最善です。

社会的に見ると被害は少ないとみられるものの精神的な疲労が大きく、早く解決したい場合は、費用はかかるものの、同様の案件を扱った経験を持つ弁護士に依頼するのが良いようです。

逆SEO専門業者に頼るべきなのか?

インターネット上の誹謗中傷被害は、個人から法人に至るまで対象者が幅広くなってきたことから、逆seoを専門的に扱う業者も増えています。

ですが、このような業者を利用することは、あまり推奨されてはいないようです。

業者によっては法律に違反する

その理由の一つが、法律の専門家でないのにも関わらず、法律違反を指摘して報酬を得る行為にあたる場合が多いからです。

特に著作権が関係する場合や、プロバイダ責任制限法に基づいた申請は、法律に関係する行為として新たなトラブルを起こしがちです。

それで、依頼しようとしている業者がどんな手段で問題の解決を図ろうとしているのかを見極めたり、法律家のアドバイスを受けているかなどを確認することが大切です。

逆SEOは逆効果となることもある

なお、逆seoは比較的新しいやり方なので、インターネットで調べると様々な手法が載せられていますが、逆効果となるものもあるため注意が必要です。

ブラックハットSEO

その一つが、ブラックハットseoと呼ばれるものです。

被リンクを大量に生産するなどして、検索エンジンのアルゴリズムの裏をかくような方法で検索結果を操作するものです。

これは以前は適法とされていましたが、今ではペナルティの対象となるリスクの高い施策となっているため、行うこと自体、避ける必要があります。

ハッキングとクラッキング

また、ハッキングやクラッキングも行うべきでない施策です。

これは、他のサイトにハッキングしてコンテンツを勝手に消したり、ウイルスを仕込むというやり方で、法律的にも「不正アクセス禁止法」で禁止されています。

DMCA申請

さらに、DMCA申請を悪用するのも不正なやり方です。

こちらは、著作権侵害を理由にしてコンテンツの削除依頼をするというもので、アメリカの法律を利用して行うものなので、アメリカの検索エンジンなどの業者に対して有効な手段です。

そしてこのやり方を使うと、かなりの高い確率で対象のサイトのコンテンツを削除させたり、アカウントを凍結できるようです。

それでも、こちらはあくまで著作権侵害の被害を防ぐために設けられた制度のため、それ以外の理由で申請すると、逆に損害賠償を請求される場合もあるなど新たな問題を引き起こす可能性があります。

逆SEOによって引き起こされるリスクを理解しよう

逆seoは相手のサイトの検索結果を自分よりも下にしたり、相手のコンテンツを表示させないなど、どちらかというと建設的でない方法となります。

そのため、どんな方法で逆seoを実行する場合でも、相手が正当性を主張してきたり、法廷闘争に発展したりする場合がありますし、場合によっては長期化したり泥沼化するリスクがあります。

そのため、自分の被害だけに目を留めるのではなく、自分が起こすアクションにより相手がどのような影響を受けるのかを考えて、お互いに円満な幕引きができる施策を選択することが最も賢いやり方のようです。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5