SEO

逆SEOの費用っていくら?大手5社を比較してみたよ

検索エンジン最適化はユーザーの利益になるページを追求すると同時に、ロボットであるクローラーに正しいページ情報を教えてランキングの上位にするためのテクニックになります。

これは検索エンジンを提供する会社で規約が決められており、誰でも閲覧できる情報になりますので大まかな施策はサイト制作が出来る人ならば誰でも簡単に行える特徴があります。

過去には効果があると言われていたテクニックも、時代が変わりアルゴリズムがより複雑化した現在では通用せずに、逆に検索順位を下げてしまう危険性すらあるのです。

正しく検索エンジン最適化を理解すると言うことは、反対にやってはいけないタブーを知識として持っていると言う状態になります。

やってはいけないタブーのテクニックとは?

ではやってはいけないテクニックの代表例をいくつか記載し、半面的なseoについて記述してゆきます。

沢山のキーワードを詰め込むこと

ページ背景と同じ色を指定し、文字を書いてキーワードを詰め込むことです。

これは検索上は文字が重視されるために、沢山のキーワードを埋め込むことで効果を得る方法でした。

ユーザーには認識されないものの、ロボットには検索されるために実害はありませんが悪質な行為とされており、現在は同テクニックを使用するとページランクが下がってしまう危険性が少なくはありません。

 

被リンクの数も評価にプラスされましたが、内容のないアンテナサイトが増加してフェアな評価がされにくくなったことから、コンテンツのない代わりにリンクばかりのサイトから導線を結ばれているサイトにはペナルティが発生しました。

検索エンジンで発見されることがなくなったり、ライバルページの方が評価が上になってしまうなど現在では弊害しかありません。

このようなseo的に不利になることを意図的に行うだけで、ライバルサイトの評価を落としたりユーザーからの評判を下げる行為が、逆seo対策というのです。

逆SEO対策を依頼するならどこが良い?大手5社をランキング

第1位 アクシアカンパニー

有名な会社ではアクシアカンパニーがこのテクニックを使い、サジェスト対策や順位下げなど相対的に自社に有利になるような取り組みを提案してくれます。

個人での依頼の場合は基本料金は5万円からになり、作業内容やボリュームなどで変化はありますが通常は基本料金に作業内容の人件費などを加算した金額で依頼することが可能です。

第2位 シエンプレ株式会社

次に紹介するのはシエンプレ株式会社が有名であり、ライバルサイトを作ることでターゲット会社の順位を相対的に下げることが得意な会社になります。

気になる費用は簡単なものならば10万円程度からになり、複雑な作業などは数十万円から依頼することが可能になっております。

リスク管理やシステムサポートを行っている、風評被害にも強い会社です。

第3位 エルプランニング

第3位にはエルプランニングが入ります。

マーケティング会社のためノウハウを持っており、依頼主のサイトのランキングを上げて、ライバル会社のページをなるべく下位のランキングまで落とすことで結果的に逆seoにする王道的な会社になります。

自分たちのページのランクが上がれば売り上げが伸びますし、ライバル企業の順位が減ればその分もさらに大きな利益を入手で出来る可能性が少なくあります。

依頼は大きな案件では100万円以上しますが、小さな案件ならば10万円からとなっているのが特徴です。

第4位 デポック

4位の会社はデポックです。

制作やプロモーションやマーケティングを受けており、医療機関やサロンやクリニックなどに対して実績を持っています。

サテライトサイトやランディングページ、ブログシステムの構築などの自社サイト上昇型の逆seo対策をしてくれる企業になるのです。

初期費用は10万円で1日ごとに課金されるシステムになっています。

第5位 S&Eパートナーズ

5位はS&Eパートナーズは定額プランをシステム化しており、簡単な対策では月額6万円の費用が発生します。

その代わりに効果がなければ料金の半額変換サービスなどをしており、風評被害対策やSNS対策など制作的な対応をしてくれる会社になります。

なぜライバルサイトのような悪質なスパム行為を提案しないのか?

前述した悪質なスパム行為を相手にして行わないのは、モラルに反することと作為的な妨害行為が法律上あまり良くないからに他なりません。

あくまでも実力でライバル企業の順位を下げることで、自社のページランクが上がったり検索エンジンに高評価をしてもらい効果が出る仕組みになるのです。

現在でも悪い方向性で他社の順位を下げる会社も多くありますが、今後の訴訟などの展開を考えれば悪質な行為は慎むべきになります。

むしろミイラ取りがミイラのごとくことわざがある通り、ネガティブな逆seoをやって大きな損害を生んでしまうことすらあるのです。

費用に対して十分な効果がありそうだと思えば、上記のサービスを展開している企業に依頼をすればいいでしょう。

しかし現在はネガティブな手段は識者や関係者からは類似の行為が非難されており、今後は形を変更せざるを得ないでしょう。

だからこそホワイト系の施術を行いながら、自社や関連企業の評価を上げる手段が選ばれているのです。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5