SEO

楽天の検索順位を上げたい。初心者のあなたにできる対策はこれ

http://candidatecities.com

会社の商品やサービスのことをもっと周りの多くの人達に知って欲しい、購入してもらいたい、そして売上につなげたいと多くの人が思うことでしょう。

できる限り販売のチャンネルを増やしたいという思いから、楽天に出店している人もいるかもしれません。

しかし楽天に出店したからといって、必ずしも商品が売れるというわけではなく、SEO対策が非常に重要となります。

SEOってなに?

SEOとはどのようなことかと言うと、検索エンジン最適化のことであり、楽天の検索エンジンに合わせた上で、オリジナルの対策を行うことが非常に重要です。

楽天のSEOといっても具体的に何をすれば良いのかわからないという人も多いことでしょう。

SEOと聞いただけで難しい、訳がわからないというイメージを抱く人も多いですが、実はそれほど難しいことではありません。

楽天市場でやるべきSEO対策って?

まず最初に出店した時のSEOとして、一番最初にやらなければならないこと、基本の二つを頭に入れておく必要があります。

一番最初にやるべきことは全ての項目を埋めること

まず最初に楽天内で対象となる項目は全て埋めておきましょう

対象になる項目としては、商品番号や商品名等でPC用のキャッチコピー、モバイル用キャッチコピーなど多岐に渡ります。

その中でも特に商品番号や商品名、モバイル用キャッチコピーもしくはスマホで検索している人が多いので、スマートフォン用商品説明文の設定をしていなければ、結果に出てこない可能性もあります。

これは必ず設定しておきたいところです。

基本1.全商品ディレクトリIDとタグIDとカタログIDは必ず設定すること

そして各商品に全商品ディレクトリIDとタグID、カタログIDの設定を行います。

全商品ディレクトリIDって?

全商品ディレクトリIDとはどのようなものなのかと言うと、楽天が設定しているジャンルの中から、一つの商品につきひとつだけ選んで登録するものです。

表示先のカテゴリーは店舗の中でどのカテゴリーに分類するのかを指定するものです。

店舗が必要に応じて独自作成したカテゴリーを商品に紐付けて利用することが可能です。

タグIDって?

商品の属性を表すコードがタグIDであり、適切なタグIDを登録すれば、より効果的に商品をユーザーに訴求することができるでしょう。

カタログIDって?

カタログID検索結果で最安ショップを見る際にアイコンが表示されるようになるものです。

これらを設定していなかったり、設定を誤っていると、商品が表示されなくなってしまう為、必ず設定する必要があります。

基本2.ユーザーが検索に使用するワードを予測して商品名に組み込むこと

二つ目は、検索ワードの最適化が鍵となることを覚えておきましょう

顧客がどのようなワードで商品を調べるのかを予測した上で、その予測ワードを商品名の中に組み込むことでより引っかかりやすくなることです。

一つの具体例を挙げて説明してみましょう。

シワに悩んでいる女性がシワをケアする美容液を検索する際に、もしも欲しい商品が決まっていればその商品名を入力することでしょう。

決まっていない場合には、しわと美容液などのようなワードを入力することが予想されます。

このようなワードを商品名の中に組み込んでいくものです。

ワードを設定する際の注意点

ワードを設定する上で気をつけなければならないことは、特殊文字や機種依存文字記号は使えないこと、需要期には季節ワードを入れること、商品名の文字数に気をつける、ワードをコロコロ変えることなどに注意が必要です。

追加でやっておきたいSEO対策

画像ファイルも最適化しよう

次に行いたいことは画像ファイルの最適化です。

画像ファイル名は適当につけているかもしれませんが、商品に沿った内容にしておくことは非常に重要です。

画像ファイル名は商品コードのように決めるのが管理がしやすくてよいでしょう。

一番のポイントは短くて分かりやすいワードを入れることであり、あまりにも長すぎるとスパムとみなされてしまうため要注意です。

商品を公開したら常に順位変動を確認しよう

そして順位のチェックで観察するようにしましょう。

対策として様々な設定を行ったら、最後は順位がどのように変動するのかをチェックすることが重要です。

対策がうまくいき上位表示されていたとしても、同じ商品や似たような商品で対策が行われれば、競合になって順位が落ちる可能性も考えられます。

順位の変動に気付いた場合にすぐに対応することも非常に重要です。

順位変動のチェック方法(具体例)

観察方法の具体例としては、まず最初に日付と商品名、商品名だけで調べた結果の順位を表としてデータを作成します。

同じ商品名で2週間程調べ、順位に変動がないかをしっかりとチェックするのです。

2週間経ったら商品名の内容を少し変えて、変更した商品名を記載してまた2週間ほど順位を調べます

三ヶ月程調べ最も順位が高い商品名に固定するといったものです。

かなり地道な作業であることがわかりますが、この地道な作業こそが上位表示に大きく影響するということです。

ECサイトで売り上げを伸ばしたいなら地道な努力が必要です

このように基本の設定を行うことにより、少しずつ順位が上がってくるはずです。

ECサイトはオープンしてからが本番とも言え、細かいことを積み重ねてチューニングしながら運営していくことにより、成果も出やすくなるでしょう。

仕組みもアップデートされることから、このような情報にもアンテナを張った上で、変化に合わせて対策をしていくことが求められます。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5