SEO

楽天市場でseo対策に迷ったらこれ。初心者向け対策7選

seo対策は検索エンジン最適化というネット上で有利になる取り組みであり、現在は一般的に普及しているテクニックになります。

1つやったら終わりというわけではなく、常に更新しながらやり続ける必要性のある取り組みであるために常に情報収集と施工が日露になる要素であるのです。

初心者でもできる基本対策7選

具体的には7つの項目に分けて順次紹介してゆきます。

1.SEO対策を正しく理解すること

最初に大切なことが検索エンジン最適化に対する、製作者の理解と企業や会社が後押しして取り組むべき課題であると認識するところにあります。

それはユーザーに対して有意義で分かりやすいコンテンツを作り、コンピューターに対しても同じような認識が行われているかということです。

例えばイベントの開催についてサイト作りをする例で言えば、ユーザーに対してはイベントの内容やプログラムスケジュールや雨天決行について、開催者の情報や電話番号などのデータを分かってもらう必要があります。

一方でプログラムについてはどんな内容が記載されており、ユーザーに対して有益で信頼性がある情報なのかという構造をバックグラウンドでチェックすることになるのです。

この2つが検索エンジン最適化に対する、最も基本的で重要な事柄になります。

2.内部対策を正しく行うこと

第2には内部対策が行われており、情報のリンクがサイト内部でしっかり意味を成しているかということになります。

せっかくリンクが張ってあっても、意味のないページに飛んでしまってはユーザビリティを損なってしまうのです。

コンピューターはHTMLタグで内容の記述を判断しますが、タグと内容が離れている場合には評価も低くなってしまう可能性が少なくありません。

特定のタグはサイトマップについてを指示したり、文章の段落を指示したりなどの役割があるのに、製作者が全く関係のないタグを使うことでコンピューターが情報を正しく認識することが出来なくなるのです。

3.外部リンクを自然に獲得できること

第3には外部とのリンクがしっかり行えているかということであり、これはページの評価とも繋がってゆきます

正しい情報ならば他のページからリンクされることが多くありますが、意図的なものではなく自然現象である必要があるのです。

悪質な場合はアンテナサイトを作って被リンクの数を増やしますが、検索エンジンのクローラーによって発覚してしまうとペナルティとして大幅に検索順位を下げられてしまいます

4.スパム行為をし無自覚にしないこと

第4はスパム行為に当たることをしていないかということです。

楽天などのECではキーワードが多い程検索される機会が多いので、背景と同じ色無関係な文字を埋め込むステルススパムが流行しました。

しかしクローラー側により対策された現在では、逆seoの代表としてペナルティになる行為なのです。

市場を正しくユーザーに利用してもらうためには、悪質な行為は許されるべきではありません

5.専門性の高いコンテンツであること

第5は専門性がありコンテンツが有意義化と言う優先順位があります。

医療や教育や健康などをテーマにしたもので、信憑性のある第三者に優位な内容は評価されます

逆に反社会的な書き込みなどは除外され、信憑性のないコンテンツは優先順位を下げられてしまうのです。

6.定期的に最新情報を提供できていること

第6はキーワードボリュームや、コンテンツの更新頻度だと言われています。

多すぎず少なすぎない内容であり、コピーアンドペーストのような記事ではなく、オリジナリティのあるコンテンツが高評価を得るのです。

だから内容を水増しして更新するよりも、ある程度の期間ごとにオリジナルの記事を付け足してゆく方が良いのです。

7.他サイトとの差別化を図ること

最後には類似するサイトとの内容の差別化になります。

インターネットは多様性が尊ばれるために似たようなサイトよりも、独自性があるサイトが好まれます。

前述したように社会性を持ち、サイト運営者が善意や他人対する奉仕の気持ちを持っていると判断されることが、seoにおいての最後の判断基準になるのです。

SEO対策は正しく行ってこそ意味がある

まとめとしてはスパム行為や反則行為は好まれず、ユーザーに対して有意義であり社会性のある内容がコンピュータークローラーには高い評価を得ます

更新頻度や分量についても勘案されるために、頻度が高く量が多いことが必要なわけではありません。

本当に内容のあるページ作りがされているのかどうか、ロボットクローラーが判断しつつユーザーが検索エンジンやリンクなどで訪問されているかなどを客観的に評価されるのです。

また売れるためPVされるためならばどんな反則行為をしても良いと言う姿勢は最も忌避されて、最悪の場合は検索エンジンのランク外として検索してもヒットしなくなることさえあります。

コンピューターに分かりやすいようなタグの使い方をすると共に、サイトマップを作り構造を視覚化するような取り組みも必要です。

さらに大幅にリニューアルした時などはインデックスの登録や、更新情報をカラムの外側に記載するなどの工夫がサイトの評価を上げるコツになります。

ソーシャルネットワークなどからもユーザーが来るようにサイトを作り、常に最新の取り組みをすればユーザーフレンドリーでありクローラーからも評価されるのです。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5