SEO

SEO(検索エンジン最適化)の押さえておきたいポイント3つ【ど初心者向け】

会社経営をしたりお店の営業などをする場合はもちろん、個々が好きな物事をインターネット上のウェブサイトやブログなどで発信する時にも、検索サイトに特化したアプローチを施しておけばより一層大勢のユーザーに見てもらえます

そのようなサーチエンジンでキーワードを入力した時、結果の上位に位置して多くのユーザーに閲覧してもらえるようになるには、特有の仕組みをよく理解しつつ対策を施すのが大事です。

SEOの抑えておきたい3つのポイント

ウェブサイトやブログなどは自由度が高いメディアなので、記したい事が自由に記せるため好きな事のみを記してしまいたくなるものの、サーチエンジンで調べ物をした時に表示されやすい様子でコンテンツを手がけていくのが基本です。

Point1.特化したキーワードの抽出

そのため、ポイントの1つ目はキーワードが抽出可能なツールを活用して特化したキーワードを探し出す事から開始する事が挙げられ、抽出した情報はキーワードと共に近いうちに検索が行われた回数に至るまで教えてくれます。

ボリュームという点が1万から3万というように多くなるほどにライバルのウェブサイトが増える様子から、提供するコンテンツの量と共に質についてもより高い状態が求められますが、コンテンツ化を実現させて上位に表示されるようにすれば検索される回数が増えるほど検索結果からアクセスしてくれる人の数も増やせるので、より多くのアクセス数が獲得可能です。

一方、キーワードにおけるボリュームが10から100というように少ないと上位に位置する事ができてもアクセス数がそう多くならないため、立ち上げて間もない時やまだコンテンツの数が少ない時などはキーワードをきっかけにコンテンツ化を行いつつ、評価を高めていくのが良い方法です。

Point2.ペルソナの設定

ポイントの2つ目はペルソナをはっきりとさせる事が挙げられ、ペルソナというのはアクセスしてくれるユーザーの人物像の事を指します。

ペルソナを意識した場合には、ウェブサイトまたはブログを作る時に同時に見てくれるユーザーの事をイメージする様子になるので、見てくれるのは男性で年齢が27歳といったようにできるだけ具体的にしつつ、職業や年収なども同様にはっきりとさせていくのが大事です。

こうしたペルソナを明瞭化させる事が重要視されるようになったのは、インターネットが人々の間でとても身近なものになった様子が関係していて、これまではインターネットに触れるユーザーがそう多くなかったのと同時にウェブサイトなどの数も多

くなかったため、展開しているメディアを見てもらえる機会も多かったものの、現在のように絶対数が増えていると他のメディアよりも突出した存在になる必要があります。

従来は広い範囲に当てはまる内容であれば見てもらえましたが、絶対数が増えている状況では漠然とした相手に伝える様子では届けたい人に強く届きにくくなっているので、ウェブサイトなどを作る時から相手をしっかりとイメージして作り上げていく事が求められます。

届ける相手を予めイメージしておくと良い変化が現れるのは、ウェブサイトやブログのタイトルやリード文に限らず本文の言い回しなども例外ではなく、小さな言い回しや言葉選びによって目にした人が自分だけに語りかけてくれているような気持ちになり特別なメディアとして捉えてくれます。

閲覧者にとって特別なメディアであると捉えてもらえるようになるとアクセスが1度きりになりにくく、その後も繰り返しアクセスしてもらえるようになるので、安定的に多くのアクセス数が獲得し続けられるようになります。

Point3.常に新しいものを提供

ポイントの3つ目は対策を1度きりにしない事であり、継続的に突出した存在になり続けるには常にライバル達の様子を見続けるのはもちろん、自らが発信している内容や行ったアプローチによる変化などに目を向け続けるのが大切です。

対策をする時に念頭に置いておかなければならないのは、施したアプローチによる変化がすぐに出るわけではないという点なので、変化が出なかったとしてもすぐに他の方法に手当たり次第着手するのではなく、1つずつ丁寧に変化や結果を見ながら吟味していきましょう。

そして、振り返りをする時にはウェブサイトの全体のみを対象にするのではなく、ウェブサイトなどの中に設けられているコンテンツの1つずつにも目を向けるようにし、それぞれのクリック率や成果率などを確かめるようにします。

最新情報に書き換えることで優良サイトとして評価される

定期的に様子の確認をした後に行うと良いのが過去に執筆し公開している記事を必要に応じて書き直す事であり、意識的に書き直しを行う事で閲覧者に最新の情報が届けられるようになるのはもちろん、閲覧者において定期的に最新の情報に変更してくれる信頼の置ける管理者が運営しているメディアという認識を持ってもらえるようになるためです。

書き換えた後は最初に公開した日と共に書き換えた日の年月日も記しておくのがポイントであり、最新の正しい情報にしておく事でエンジンからもクォリティが高い情報を取扱しているメディアとして評価されて上位になりやすいです。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5