SEO

Amazonで上位を狙うためのseo対策はこれ

http://candidatecities.com

Amazonでseo対策をしたいけれども、どのようなことから取り組めば良いのか分からないと悩んでいる人は多いものです。

そもそもSEOとは検索エンジン最適化のことを指しています。ユーザーが調べたいキーワードに応じて、適切な記事が提供されるといったものです。

Amazonでは検索を使い商品を探す人がほとんどで、この最適化はAmazonでも利用されていて、AmazonSEOとも呼ばれています

AmazonSEOを正しく理解しておこう

SEOが反映されるのは、結果が出るページのオーガニック検索と呼ばれるところです。つまり広告などを除いた部分に表示されるということです。

Amazonは競合相手が多い

Amazonの企業理念は世界で一番お客様を大切にするといったことであり、SEOで上位表示される商品も、ユーザーに適切であるかどうかが絶対条件となります。

Amazonは非常に有名であり市場規模も大きいので、様々な企業や個人が出品しています。

出品商品数は非常に多いのがひとつの特徴ですが、そのぶん競合も多く、そのような中から自分が出品している商品を選んでもらう必要があります。

商品によっては数千件

例えば、「ダイエットサプリ」と入力した場合には、その結果がなんと2000以上も表記されます。

つまりは2000以上も競合がいて、その中から自分の商品を選んでもらわなければならないのです。

このようなことから、出来る限りユーザーの目に入るチャンスを増やした上で、興味を持って購入してもらう必要があります。

Amazonで売れるには上位表示は絶対条件

広告を回すことにより、確かに目に入る機会を増やすことは可能ですが、お金をかけることなく、出来る限りユーザーに見てもらうためには、SEO対策が一番重要となります。

キーワードを使って商品を探す人がほとんどですが、そのうちの70%は、なんと2ページ以降は見ないという結果が報告されています。

65%の人は最初から三つ目までの商品を、また35%の人は一番上にくる商品をクリックするとも言われているので、出来る限り上位に表示をさせてクリックされることが重要であるとわかります。

つまり、検索結果の1ページ目に表示され、尚且つ順位を上げることに注力すれば、クリックされる可能性が上がり、これが売上につながるということです。

AmazonSEOの具体的な対策を知ろう

 

実際にどうやって上位に表示されるようにするのか具体的な対策方法は3つあります。

ユーザーにとって適切なキーワードを探そう

まず最初に商品ページにキーワードをたくさん入れて最適化を繰り返すことが求められます。

ユーザーが調べる適切なキーワードを探し出すことが重要です。

キーワードにはビックキーワードとスモールキーワードと呼ばれるものがあり、ビッグとはメジャーなキーワードのことを指します。

スモールとはビックキーワードの形や詳しい特徴を表す際に使うものです。

自分が扱う商品を見てどのような人に使ってもらいたいのかを常に考え、この二つを使い分けていく必要があります。

サジェストからキーワードを見つけよう

キーワードの見つけ方にはいくつかの方法がありますが、その一つがサジェストと呼ばれるものです。

キーワードを入力すると、それに関連するよく一緒に検索されているキーワードが表示されることでしょう。

これをサジェストといい、例えばダイエットと調べた人がよく一緒に使っているキーワードがサプリや食品などというわけです。

多くの人が調べているので、ボリュームが大きいことがわかります。

セラースプライトを使ってキーワードを見つけよう

二つ目にセラースプライトと呼ばれるもので、月間検索ボリュームを調べる外部ツールのことを指しています。

プランにより月額料金がかかることになるでしょう。

一緒に調べられているキーワードなどを細かく知ることが可能です。

商品ページを最適化しよう

キーワードを見つけ出すことができたら、次に商品ページの最適化を行っていきます。

最適化を行うことにより、ページのクリック率やCVRを上げることが可能です。

クリック率を上げるために商品名の工夫と情報を入れよう

商品名はページに表示される部分にあたるため、クリック率を高める部分とも言えます。

クリックしてもらうためには、やはり商品名を工夫する必要があるでしょう。

結果が表示されるページでは商品画像や商品名、レビューの数や質、価格やポイントなどの情報のみが表示されます。

検索結果で上位表示するためには、左側から順番に必要となるキーワードを入れて、できる限りわかりやすく情報を詰め込む必要があります。

商品の仕様は最大で五つ入れることができ、タイトルの下に表示されることから、ユーザーの目にもとまりやすくなるでしょう。

スマホ版の表示からSEO対策を考えよう

スマホ版の場合には、上位三つだけが表示され、下の二つはクリックをしないと表示されることはありません

このようなことから、上から三つ目までに自分が伝えたい情報を盛り込むことを心がけましょう。

画像選定も売り上げに直結する

SEOには直接関わることではありませんが商品画像も重要です。

画像であるため、視覚的に伝えたい情報を伝えることが可能となるでしょう。

商品ページに表示されるのは7枚であり、スマホの場合にはスクロールしなければ次の画像を見ることができないので、スクロールをしてもらうために画像に流れを作るようにしましょう。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5