SEO

いっきに検索順位が下がった。そんな時は逆SEOがおすすめです。

アルゴリズムの変化により検索順位は常に入れ替わります。上位を維持できればいいのですが、それが難しいことは多くの人が知っています。

特にアフィリエイトで稼いでいる人は、順位が急激に落ちてしまい収入が激減してしまうこともあるのです。

そのような時に逆seoを活用することができます。

検索順位が下がった時のとっておきの対策「逆SEO」とは?

ではいっきに検索順位が下がった時に、どのように対策できるのでしょうか。

そもそも逆seoとはなんでしょうか。

一般に言うSEO対策では検索順位を上げることを目的にいろいろと施工しますが、逆seoではあえて順位を下げるようにします

もちろん闇雲に順位を下げるわけではありません。下げるのにも目的があるのです。

逆SEOの目的1.別のサイトを上位に表示させる

目的の一つに別のサイトを上位表示させるというものがあります。

つまり、収益をもたらすのが違うサイトであるならば、そちらを上位表示させたいと思うはずです。そうするためにわざと特定のサイトの順位を下げます

逆SEOの目的2.ネガティブ情報を上位表示させない

別の目的はネガティブなことが書かれたサイトが、上位に上がらないようにすることと言えます。

企業にとってイメージはすごく大事になってきますので、ネガティブなキーワードで上位表示されることはよくありません。それを避けるために逆seoを行い順位を下げるのです。

つまり、全体としてどうすれば利益が得られるかということをよく考えることがわかります。

どんなキーワードでも上位に表示されればいいというわけではないのです。どんな企業でもネガティブなことがあります。

しかしネット上で表面化してこない企業は、逆seoもしっかり行っていることがわかります。

なぜ、SEO対策をしているのに検索順位が下がるのか?

ここまでで意味をよく理解することができましたが、意図せずに順位が下がった場合にどうすればいいのでしょうか。

アルゴリズムの変化により、またクローラーの進化により、今までの手法が通じなくなることが度々あります

例えば、無料ブログをたくさん作成して、それらを上位表示させて相対的に順位を落とさせたり、もしくは外部リンクに頼る手法も見られました。

しかし今ではそれらの方法は効果がなくなっていますので、行わない方がいいです。

検索順位を下げないためのサイト作りとは?

今行われているのは、正攻法であり、質の高いサイトを作っていくことが求められています。

検索エンジンとクローラーの進歩により、簡単に欺くことができなくなっているのです。

そのため、真面目に質のいい記事を書いていくことが必要なのです。もちろん、文書はオリジナルであり、読む人の益になるような内容である必要があります。

コンピューターの好感度よりも人の好感度を上げよう

外部リンクに頼りすぎるのもよくありませんので注意が必要です。検索意図のリサーチも必要です。

つまり、正当に良いサイトを真面目に作ると言う基本です。テクニック的なことよりも、人のために書くと言うことです。

以前ならいかにコンピュータの目にかなうかを意識していました。

しかしその基準もテクノロジーの進歩により一層、人の感覚に近くなっています。

確かに人間が読むものをコンピュータが選ぶのも変な話です。

人の益になる話はコンピューターも推薦する

検索エンジンに引っ掛かるためには、読者を助けるものでなければいけません。困っていることを解決して、生活を向上させます

それは場合によっては、たった一つのペンだったり、フックだったりするかもしれません。読者がその素晴らしいペンについて知り、入手したなら悩みを解決したことになります。

このように常に人の益になるサイトが評価されます

テクニックだけのサイトは人にもコンピューターにも嫌われる

いくら小手先のテクニックで上位表示したとしても、人には評価されなくなります。

恐らくこれまでなんらかの情報を得る際に、なぜこの記事がトップに表示されたか疑問に感じるものもあったはずです。

中には全く中身のない、単に別のサイトをまとめた記事さえあります。たとえ一時的に上位表示されたとしても、決して支持者が出ることはないでしょう。

コンピュータにも人にも支持されるサイト作りが目標です。

最近のアルゴリズムでは、中身の薄いサイトが排除される動きになっています。中身が薄いだけならまだしも、有害な情報を載せたものもあります。人々が情報を得る主要な手段である、ネット上に悪質なコンテンツがあるのは好ましくありません。人々の道徳観を損なうとも言えます。

情報発信者はその情報に責任を持とう

実は情報を発信することには大きな責任が伴います。

とりわけ若い人はネット上の情報を何でも信じてしまうからです。

コンテンツの製作者は一つ一つの言葉や文字、そして画像が正確で正しいメッセージを伝えるものであるかを確認しなければいけません

どんなものに関しても言えますが、諸刃の剣だからです。使い方を誤るなら人を傷つけてしまうことになります。

ですから検索順位が下がったときは、まず落ち着いて逆seo対策をしてみましょう。

すぐには結果が出ないかもしれません。場合によっては時間がかかりますから、あきらめないで対策を実施します。

そして質の高い充実したサイト作りを意識することが大事です。

収益の追求が見え見えのサイトは嫌煙されますから注意が必要です。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5