SEO

ホームページをリニューアルしたらアクセスは減るけどSEO対策すれば倍になるよ

サイトを改善する時にはサーバーの変更や移行をし、一時的にPV数が大幅に下がってしまうことも考えられることになります。

検索エンジンがクローラーしておらずまだ認識外のためであり、検索ワードを打ち込んでも結果には出てこなくなってしまうのです。

だからこそ移行などの準備をすることは大切なことでありますし、一時的には大幅にアクセス数が下がることも念頭に置いておかなければいけません。

これはサイト運営のスタッフの責任ではなく、システム上は避けることの出来ない仕様になります。

サイトをリニューアルする前にすべきこととは?

対策は一応のことは明示されておりますので、指示されたことをやっておく方がいいです。

古いサイトに新しいサイトのアドレスを掲載しておこう

元々のページに新しいアドレスのリンクを掲載しておくことで、検索エンジンのロボットにも知らせることが可能になります。

それ以前にサーバーの移転やアドレスの変更などが発生する場合には、ユーザーに前もって新しいサイトを告知しておくことが大事なことです。

さらにランディングページを設けておき、新しいサイトへの誘導が出来るようなシステムを複数考えておきましょう。

サイトリニューアルは兎に角大変

 

ホームページのリニューアルはとても大変な作業です。

HTML言語だけで修正するとズレや不都合が起きる

一から構築する場合にはコツコツと積み上げてゆけますが、リニューアルの場合には既存の情報を余すことなく転載する必要がありデーターが膨大ならば作業量も多くなります。

デザインやスクリプトを変更しながらHTML言語で記述してゆけば、ズレや不都合がどうしても起きてきます。

修正を繰り返しながら完成に近づけるようにして、ブラウザ環境を複数試すクロスブラウザやスマートフォンでもタブレットでも表示が可能なように、レスポンシブウェブデザインをHTMLで記述する必要性があるのです。

レスポンシブデザインはSEO対策にも有効?

過去には別途メディアごとにサイトを製作しておりましたが、現在はスマートフォンの進化と無線回線の大容量化に伴いパソコンサイトと共有することが多くなりました。

レスポンシブデザインは一つのサイトで複数のデジタルツールに対応出来るため、seo対策にも有効でありサイトの管理もしやすいと言うメリットがあります。

しかしHTMLの記述が複雑化したり、思わぬバグが発生する場合などは対策が必要になるのです。

デザイナー負担は限りなく

このためデザイナーの負担も増しているのが現状です。

昨今はSNSとの連携も必須になったために、現場サイドではデザインだけではなくマーケティングやSNS管理など、複数の作業が発生しております。

このような制作サイドの事情やホームページ リニューアル時のアクセス低下などの特徴を踏まえ、スケジュールを組んでゆくことが大切になります。

サイトリニューアルは事前告知が常識?

特にコーポレイト自社サイトや物販のECでは、連絡が取れなくなると取引業者や個人ユーザーに不安を与えてしまい兼ねません

そのために直前ではなくある程度の前倒しでリニューアルプランを提示しておき、連絡先なども合わせて掲載しておいた方がパニックは少ないと思います。

ごみ掃除と栄養を与えることがSEO対策

リニューアルする際にはページの構造を分かりやすくするUIデザインを取り入れたり、不要なタグやキーワードを削除しながらクローラビリティを上昇させることが必要になります。

これは庭で例えるならばゴミを取り除き、土を栄養のある物に交換してやがて綺麗な花が咲くように整える作業になるのです。

そのためには掃除をきちんと行い、木には支えになる杭を付け足したり日あたりを良くしたりなどの物理的な作業が必要になります。

そのようなことをデジタル上でやっていくのがseo対策になるのです。

ユーザーファーストの情報収集

さらにより情報を収集したいのならばヘッドデーターにプログラムを組み込んで、情報解析のためのデーター収集を行えるようにしておくのがいいでしょう。

しかしあまりに多くのデーターを収集しようとするとサイトが重くなり過ぎますし、検索エンジンにスパム行為としてペナルティを受けて検索順位を下げられてしまう可能性も少なくありません。

あくまでも常識的な範囲内で情報収集をして、ユーザーファーストの体制を取るのが長い目で見れば有益になるのです。

積極的なコンテンツの更新

リニューアルしたサイトで実際に運営を開始したならば、積極的にコンテンツを増やせるようにしていきましょう

ブログ形式のCMSソフトのページとリンクさせたり、SNSで写真や現在進行形のデータを掲載するなどを行いアクティブ化をする必要性があります。

さらに地図情報とのリンクアプリとの連携、ECならばカートシステムが使いやすいか確認したり支払い方法を増やしたりしながら、ユーザーに使ってもらいやすく改善を加えてゆきます。

双方向性と安全性の両立

ウイルス対策やハッキング対策のために暗号化なども組み込み、双方向性と安全性を両立させないと事故になりますのでその部分には特に配慮が必要になります。

サイトリニューアルは問題点を解決しながら行おう

このようにしてサイトを古い物から新しい物に変更しながら、問題点を一つずつ解決してゆくのです。

さらに現代で主流のサービスとリンクさせたり、スクリプトやプログラムを組み込んでサービスの拡充をすることでサイトで出来ることが飛躍的に増加してユーザーの流入を見込むことが出来るようになります。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5