副業

業務委託なら副業ができるのか。メリット・デメリット

最近になって働き方については、様々な方法が新たに出てきました。

これまでのように、会社に勤め雇用関係を結んで働くという事も一つの方法なのですが、それ以外の雇用形態も増えてきています。

雇用関係と業務委託の違い

その様な事が最もわかりやすいのがオンラインビジネスです。

オンラインビジネスの場合にも働き方には二通りあります。

通常の会社と同様の雇用関係があるものと、そうではなく委託契約などのような成果物を納入するというものです。

通常オンラインビジネスでは設備などはあまり必要ありませんので、雇用関係のない仕事というのは簡単にできるようになります。

雇用と委託では手続き面で違いがある

雇用と委託による働き方の違いというのは、給料の面で大きく出てきます

通常の会社に勤めるということであれば、色々な社会保険や源泉徴収など手続きは全て雇用者側が行うということになります。色々な面で手続きを会社が行ってくれる訳です。

それに対して契約であれば、そのようなことは自らが行う必要があります。

納税なども自分で申請書を取り寄せ、自分で考えながら手続きを行わなければなりません。

業務委託形式の副業なら会社にばれない

このような形態の違いから、雇用関係にある社員が副業を、会社にばれないようにして雇用関係のない仕事でできないかという話が出てきます。

先程述べたように、雇用関係のない仕事であれば、全てのことは自らが行うわけですから、会社などにそのことが知られるということはありません。

住民税なども自分で手続きも行えば、ほとんど会社にこれを行っているということはないことになります。

そのような意味で、副業が大変やりやすい環境にあるという風にも言えます。

2つの業務形態のメリット

業務委託という副業の形をとれば、自らが勤める雇用関係にある会社には分からない訳ですが、実際に行う際には、仕事の実態によるメリットとデメリットというものがあります。

業務委託によるメリット

この形式による仕事上のメリットというのは、とにかく何でも自分で自由にできるということです。

納期さえ守れば、自分が仕事をしたいと思う時に仕事をすることができ、仕事のやり方というのは全く自由ですし、取引先に拘束されることはありません

取引先との関係というのは、納期までに成果物を納入するということだけです。

それ以外に関しては色々な事で影響されることはなくなります。

さらに仕事をどこでするかなどということにも、取引先から指示されることもありません。

雇用関係によるメリット

これに対し雇用関係にある場合には、仕事の様子などに関しても様々な面で指示されます。

仕事のやり方などにも、上司などから指示を差し挟まれるということも多い訳です。

仕事を行う場所なども、雇用者から指示されたところで行わなければならないということになります。

様々な面で拘束が多いのが、雇用による仕事を行うということです。

ただ雇用による仕事の場合には、福利厚生なども会社が責任を持ってやってくれますので、働きやすい環境を作ってくれるという面でのメリットはあります。

雇用形態の違いをまとめてみると?

このように業務委託の場合と雇用による仕事の形態の違いは、次のようにまとめることができます。

会社に雇用されるということ

雇用による仕事を行うということは、自分の時間を会社に提供し賃金を得るということになります。

したがって、どのような時間会社で働いたかということが大きなファクターです。仕事の様子など、結果とは直接結びつかないような事でも評価されるということになります。

業務委託を選ぶということ

これに対して、契約の場合には評価を得るというのは成果物に対してのみです。

その成果物がどのように作られたかということは問題となりません。

良い成果物ができるようにさえすればいいということになり、それ以外の部分に何も口を挟まれることもありません。

業務委託なら副業がしやすくなる

このような仕事の形態が副業のしやすさにも関係しています。

通常、会社員が時間を使って会社での仕事を行うということを行なっていても、休日などの際に副業として業務委託契約で仕事をするということが可能になります。

雇用関係にある会社についても自分の役割を果たし、副業である仕事の成果物に関しては、土曜日曜の時間を自分で自由に使い作成するということ可能になるからです。

雇用も業務委託も自分にあっていなければ意味がない

ただ仕事のしやすさという観点から見ると、どちらが優れているかということは分かりません。

雇用関係にある場合には時間により管理がされていますから、どの時間にどういう仕事を行うということが自然と決まっています。

したがって、そのようなことに関しては自分では考える必要がありませんし、ペースメーカーとなってくれる人が存在します。

それに対して契約の場合には、ペースメーカー自体も自分が行わなければならないということになります。

多くの場合には、自分一人が業務委託契約で仕事をするということになりますから、自分自身の生活のリズムを守るということを行わなければなりません。

このことは意外と難しいものです。さまざまな他の行事などを行っていて、ついついできなくなってしまうなどということはよくある話です。

-副業

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5