SEO

逆SEOってどんな手法なの?初心者向けに優しく解説

自身や自社のサイト健全性やキーワードに対する検索順位を維持する事は非常に難しいです。

検索順位についてははっきりとした対策は明言されていませんが、seo対策は必須です。

この対策は順位を上位にあげる事だけではなく、逆に誹謗中傷を何とかする事も対策の1つになっています。それを逆seoといいます。

そもそもSEOって何?

そもそもseoとは検索エンジン最適化の事を意味し、自身や自社またはクライアントサイトを上位に表示させる施策です。

検索エンジンでの表示順位がアクセス数に影響する

今や多くの方がネットを活用していますが、検索する際はキーワードを入力します。そうする事で探している事がわかるサイトが一気に順番に表示されます。

表示される順番は上位のものからであり、この順位が低いと2ページ目3ページ目に行かないと表示されません。

しかし検索をして2ページ目や3ページ目まで探し続ける方はどれ位いるでしょうか。

多くの方は最初のページにないと違うキーワードを入力して再検索します。つまり上位に表示される事により訪れてくれる確率は増します。

アクセス数を増やすには検索エンジン最適化に対する対策が基本と言えます。

逆SEOは順位を下げることが目的

そしてこれらの内容の正反対が逆seoであり、目的は順位を下げる事です。

ではどの様な時に用いられているのでしょうか。

自社サイトなどの信用を下げるネガティブサイトの順位を下げる

代表的なものはライバル会社からの攻撃や特定サイトに対する誹謗中傷です。

検索順位が上位の内容が、自身や自社のサイトの誹謗中傷するものだと損失は非常に大きくなります。

サービス改善に繋がる指摘なら良いのですが、そうでない言われのない内容である場合、取下げや削除を求める事ができますが現実的ではありません

非常に時間が掛かってしまい、その労力に合致したリターンを得る事が少ないからです。

自身や自社に損害を与える言わばネガティブサイトに対して、そのサイトの検索順位を下げる手法が逆seoです。

ネガティブサイトをどうにかするのではなく、自分のサイトをより最適化してネガティブサイトよりも上位に表示される様に対策を講じるのです。

それにより誹謗中傷しているサイトは相対的に順位が下降していきますので、マイナスな情報を抑止する事に繋がります。

ネガティブサイトの順位を下げる方法

ではその手法はどの様に行っていくのでしょうか。

スパム攻撃はペナルティ対象

まず行う前に意識しておくべき事はスパム的な事は使わないです。

相手のサイトに対して攻撃的な対策はネットのガイドラインを遵守しているとは言えないからです。

ネガティブサイトに対してコピーコンテンツを量産する事で質の低い被リンクを設置する等が該当し、それにより自分のサイトを最低化するやり方です。これはペナルティ対象であり順位は下落します。

ガイドラインに準拠した方法を意識しよう

意識すべきはガイドラインに準拠する事と、自分のサイトを最適化する事です。

繰り返しになりますが、この手法は自分のサイトを最適化して相手サイトよりも上位にする方法です。

その為まずは誹謗中傷している中身の検索クリエを見つけて、該当のものでインデックスされる様にそのキーワードに特化したページを作成します。

この際ユーザーが求めている情報を盛り込んだページを作成する事が効果的です。

それによりネガティブサイトが表示されている検索クリエで、自分のサイトが上に行ける可能性が高まるからです。

相手が上位化しているサイト傾向が複数あれば、その傾向に沿ってページを作成して複数ページインデックスさせる事も効果的です。

上位を維持してこそ逆SEO対策は成功といえる

以上の事でうまく上位化した自分のサイトですが、維持して初めて成功と言えます。

管理していく事が重要であり、それをしなければネガティブなサイトが再度上位化する事もあるからです。

何よりアルゴリズム調整がなされた際に対策手法の効果が薄れる可能性も捨てきれないからです。

検索順位チェックツールで常に順位をチェック

この維持に対しては検索順位チェックツール導入が必須で、順位が下落した際にすぐ改善に動ける体制作りが大切です。

ネットの親元に評価されやすいサイトにする事で、上位化しやすいサイトを運用する事ができます。

その為にはユーザーファーストが何より大切であり、対策の基本ともいえるものです。

逆SEOに即効性を求めてはいけない

逆seoは即効性のあるものではなく、基本的にある程度の時間を要するものです。

動き出す際はネガティブサイトは上位化しているのですが、この上位化しているサイトはドメインパワーは強い傾向にあります。

それを上回る事は容易い事ではなく、時間を掛けて自分のサイトを最適化していく事になります。その為時間もかかりますし手間も必要です。

結果はその後に付いてくるので、必然的に時間を要する手法と言えます。

即座に対応したいなら専門会社を頼るのも1つの方法

もしも即座に解決したいならば、逆検索エンジン最適化専門会社に依頼する選択肢もあります。

制度の高い対策を施してもらえますので、結果は早いです。ただし当然ながらサービスに対して費用はかかります。

ネガティブサイトに対する対策の1つですが、ユーザーファーストで利便性を考慮した自分のページを提供する様に対策する際は忘れてはいけません。

誹謗中傷サイトの順位下落に自サイトの上位化が良いでしょう。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5