SEO

大手にも負けない。中小企業がseoで勝つための方法

一般的に、seoで中小企業が大手企業に勝つための手法はいくつか存在します。

しかし、そのためには最低限の知識として知っておかなくてはならないポイントが以下の3つあります。

それらを踏まえて、効率的にseoを行っていかなくてはなりません。

POINT1.SEOとユーザーへの宣伝は別物と理解すること

まず、seoとユーザーへの宣伝は別に考えることが非常に重要です。

専門的なWEBマーケティングの人材が不足している中小企業では、この前提を間違えているところも少なくありません。

SEOは検索エンジンを最適化するための施策

そもそも、seoは検索エンジン最適化という意味であり、その対象は機械的なアルゴリズムを有している検索エンジンです。

一方で、商品やサービスを宣伝する時のターゲットはあくまでも人間です。

SEOは検索エンジンへのアピール

人間に対して宣伝を行うとき、商品やサービスをアピールするために必要な情報を底に盛り込むようにすることが大半です。

そして、それらの情報をより多くの人に見てもらうためには、大々的にネットユーザーに対してアピールをしなくてはいけません。

一方で、このような方法を行ったとしても、それが検索エンジンに対して良い影響を与えるとは限らないという点に注意が必要です。

これは、検索エンジンの性質を考えれば明らかです。

検索エンジンの評価方法を理解しよう

元々、検索エンジンの掲載順位の評価は、巡回ロボットであるクローラーによって行われます

なぜかというと、巡回ロボットがWEBに存在している情報を蓄積していくことになるからです。

クローラーには、それぞれのサイトの情報を蓄積していって、どういった評価で判断をしていくのかというアルゴリズムが搭載されています。

クローラーが評価するのは機械的な情報

では、具体的にどのようなポイントを見て情報を把握するのでしょうか。

これは、そのサイトに存在するソースを確認します。

当然ですが、クローラーは人間ではありませんので、人間の言語を理解できるわけではありません

あくまでも、機械的な情報の精査を行うことになりますので、それに関連する情報をソースから読み取っていきます。

人へのアピールは検索エンジンへのアピールにはならない

反対に、普通の人間はサイト内部に存在しているソースなどは確認しません

サイト上に存在している見た目のコンテンツを重要視しています。

ですから、検索エンジンへの働きかけとユーザーへのアピールは全く異なる観点から行う必要があるということをまず理解しておく必要があります。

POINT2.コンテンツの意味の違いを理解すること

そして、次に重要になるのがコンテンツの違いです。

近年、検索エンジンに対して最も有効なseo対策はコンテンツの強化であることがわかっています。

このコンテンツの解釈の違いが、通常の意味とは全く異なります。

本来の意味は商品やサービスで間違いはない

例えば、本来コンテンツは商品やサービスなどと言った内容そのものを意味することが大半です。

この場合、コンテンツを強化するというのは、商品やサービスをアピールするための内容を強化することを意味することが多くなります。

検索エンジンにとってのコンテンツは情報量

しかし、検索エンジンにとって重要なコンテンツというのは、商品やサービスに関する強化ではなく情報量を意味します。

つまり、そのサイト内に存在している情報量を多くするという意味なのです。

この違いは、非常に重要です。

クローラーの巡回頻度は更新頻度に比例する

検索エンジンのクローラーは、新鮮な情報を非常に好みますので、新しい情報が発信されているサイトを見つけるとそこに訪問します。

一方で、商品やサービスに関して充実な情報を掲載しているサイトであっても、日々の更新作業を怠っているサイトであるのならば、実はクローラーの巡回頻度は落ちてしまう傾向があるのです。

デザイン性など見た目の美しさや優雅さにこだわったとしても、そのままの状態で更新を停滞させてしまうと、実は検索エンジンにとっては逆効果になることがあります。

常に情報発信をすることで評価順位も上がる

コンテンツを強化するということは、情報発信を常に行い続けることができる準備を整えるということです。

もちろん、自社の製品やサービスを宣伝するためにその内容量を多くするのは良いことです。

しかし、それで終わってしまったのでは全く意味がありません

どれだけその部分だけ強化しても、ユーザーがやってきて自社の製品を購入してくれないと利益にならないからです。

ですから、検索エンジンが掲げるコンテンツの意味を理解すれば自然とどういった部分に力を入れればよいのかがわかります。

POINT3.大手企業と競ってはいけない

そして、最も重要なのが強力な競合他社とは決して争わないという点です。

これは、中小企業であるのならば必ず守らなくてはいけません

例えば、競合他社の中に有名な大手企業が存在していた場合、現実的に考えてもその企業にseoで勝つことは難しいです。

これは、世間的にも有名なビッグキーワードを大手企業が独占している現状が存在するからです。

同じキーワードで戦っても、資金力が存在する大手企業はそのビッグキーワードを使って最高の検索エンジン対策を行っています。

ですから、キーワードを選択するときには必ず大手の競合他社とは競わないようにして独自のルートを開拓しなくてはいけません

実際に、複合的なキーワードを組み合わせて大手企業が使っていないキーワードを見つければ、それだけでも多くのユーザーを呼び込むことができるようになります。

-SEO

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5