副業

オンラインで秘書ができる?副業にするか本業にするか決めてはこれ

秘書は人気の事務職の1つで、大まかにいうと上司のサポートを行う仕事です。

スケジュールの管理を行ったり取引先とのアポイントメントの調整を行うこともありますし、出張の際の交通機関のや宿泊施設の手配を行うこともあります。

取引先に持って行く手土産を用意したり、上司宛の電話やメールに対応したりするなどその業務は多岐にわたります

最近は秘書も在宅勤務

そんな秘書の仕事ですが、企業に勤務している人が行うものというイメージがあります。

しかし、最近ではリモートワークが普及し、オンラインで業務を行うこともできるようになりました。インターネットを活用すれば、大抵のことはサポートできるからです。

在宅ワーカーがサービスを提供しているクラウドソーシングサービスに登録し、副業として活躍している事例も多くあります。

在宅秘書を採用する企業側のメリット

また、企業側にも人を雇い入れるより、そういったサービスを利用する方がコストが安く済むというメリットがある場合も多いです。

自宅で勤務するのであれば交通費などは発生しませんし、人材を雇い入れるのにかかる経費なども削減することができます。

秘書業務は企業によって違う?

オンラインで秘書として働く場合には、まず業務内容や求められるスキルについて確認する必要があります。

秘書業務は仕事の幅が広いので、サービスを利用する企業によって依頼内容は異なります。

経営者や総務の担当者のアシスタント業務をすることもあり、スケジュール調整などがメインの業務になることも多いです。

会食などの際のお店をリサーチしてピックアップしたり、予約したりすることもあるでしょう。

創業したばかりの会社の経営者をサポートする場合には、見積書や請求書、領収書などの発行といった経理や営業に関連する業務を任されることもあります。

事業計画書を作成したり、Web会議の議事録を作成することもあるようです。

人事担当者のサポートをする場合には、セミナーや研修などの手配をすることもあります。

その他にもメールマガジンを配信したり、ホームページを更新するといった業務を任されたりします。

在宅秘書に求められるスキルも様々

情報処理能力は当たり前?

秘書に求められる能力としては、まず情報処理能力が挙げられます。

オフィスワークなのでパソコン操作は必須で、WordやExcel、PowerPoint、Access等のスキルは必要です。

依頼される業務によって求められるレベルは異なりますが、ミスが少ないなど正確性は求められるでしょう。

沢山の情報の中から、上司にとって必要なものを取捨選択するなど判断力が必要になることもあります。

高いコミュニケーション能力は重宝される

それからコミュニケーション能力も必要です。

上司と上手く意思疎通ができないと、適切なサポートを行うことができません。

情報を正確かつ分かりやすく伝えることも重要な要素になります。

取引先と直接やり取りすることもあるので、電話やメール対応のマナーも身に付けておく必要があります。

在宅秘書として働くメリットとは?

オンラインで働くメリットとしては、都合の良い時間帯に働けることが挙げられます。

子育てや介護の合間に仕事が出来る

子育てや介護などがあり、フルタイムで働くのは難しいという人も多いと思います。

女性の場合には妊娠や出産を機に職場を離れることも多いですが、子育てが落ち着いたらまた働きたいというニーズは結構あります。

しかし、幼稚園や保育園などに通っていると、お迎えの時間に間に合わないといったこともあるでしょう。

そういった時に短時間だけの募集があれば、プライベートでも余裕を持って働くことができます。

そのためフルタイムではなくパートタイムで働きたいという人は、本業よりも副業で働く方が向いています。

通勤時間を考えなくても良い

オンラインであれば通勤時間を短縮することができるので、時間を効率的に使うこともできます。

都心部などでは通勤に1時間以上かけることも多く、往復することを考えると毎日多くの時間を無駄にしています

通勤の時間を省いて時間を有効活用できることが魅力です。

地方在住でも好条件の仕事に就ける

また、地方に住んでいる場合などもオンラインの秘書として働くのに適しています

地方だと求人が少なく、自分の持っているキャリアやスキルを活かせないといったことも多いです。

インターネットを活用して業務を行うのであれば、場所を問わずどこでも仕事をすることができます。

自分のキャリアやスキルを活かせる業務も見つかりやすいので、高い収入を得られることもあります。

語学力があれば仕事を得られやすい?

例えば、英語や中国語など語学力があっても、それを活かせる職場は都心部などに限られていることが多いです。

しかし、海外進出を検討している企業や実際に海外企業と取引をしているという企業も多くあります。

そういった企業の経営者や管理職をサポートする仕事もあり、自分の語学力を生かして働くことができます。

その場合には、オンライン業務を本業として行うことも可能です。

在宅秘書なら本業でも副業でも働ける

スキルを磨いてキャリアアップすることもできるので、キャリアアップを考えている人は本業にするのがおすすめになります。

スキルを活かして短時間だけ働いて高収入を得たいという場合には、副業の方が最適です。

-副業

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5