副業

副業人材の募集の経緯。大手企業、公務員まで募集する理由とは

正社員として所属している人材が、副業に手を出すことは今の風潮ではあまり珍しくなくなってきました

こうした労働者が副業専門の求人募集に応募する経緯、そして企業側にとっても募集広告を出す経緯についてはさまざまです。

近年では、中小企業だけではなく大手企業や公務員までもがこうした種類の求人を募っています

なぜ大手企業や公務員で副業人材が求められるのか?

では、このような旧人の募集を行う理由として考えられることにはどのようなものが挙げられるでしょうか。

理由1.多方面のスキルを持つ人材が集まる

経営者側が副業専門の人材を集めようとする理由としては、まず一つ目にそうすることで「多方面のスキル」を持っている人間が集まりやすいことがいえます。

こうした多方面のスキルを持つ人が職場にいて仕事をこなすと、将来的に会社の業績が好転しやすいことが期待できるというのが最も大きな理由です。

理由2.生産性が高い人材を選べる

第二の理由は、このケースで雇用された人材は生産性が高いとみなされることも挙げられるでしょう。

パフォーマンス能力が高い人が職場に働くことで、職場だけではなく企業全体の活性化につながると経営者サイドで考えている人が多いです。

理由3.事業機会の拡大を期待できる

三番目に、異業種で活躍の場を広げようとする人はそれまで働いていた職場において多くの人脈を築き上げてきていることが多い点もいえます。

今の時代の企業の考え方の一つには、事業機会の拡大があります。

例えば、本業の会社の商品とそれ以外の会社の商品とがコラボレーションすることで、商品の売り上げにつなげられる可能性がある点は大きな魅力です。

あるいは、ほかの業界が持っている良い考え方や価値観に触れることで職場改革あるいは社内改革が進んだり、もともと抱えていた問題点が消えて企業の質が良くなることが期待できます

こうした大きなメリットがあることから、大手企業や公務員までもが副業人材を募集して会社全体の生産性を少しでも高めようとしているわけです。

こうして集められた結果、実際に業績のアップにつながったり社内改革が進んだなど良い影響があったと回答する経営者・代表は数多くいます。

募集人材募集に応募する労働者側のメリット

一方、労働者側のメリットとしてはなんといっても本業での収入が下がってしまった場合にそれを補填できることが挙げられます。

次に、異業種のスキルが身につきステップアップにつなげられる面や企業間で助けあいができシナジー効果が生まれやすいことも良い点です。

職場に新しい風を呼び込める存在として、期待されることから労働者のモチベーションアップにもつなげられます。

副業人材募集ではどんな人材が求められるのか?

こうした求人に応募できる人の条件としては、募集を行っている会社や団体によっても異なるため一概にはいえません。

ただ、専門的な分野においての総合的な実務経験を少なくても3年以上有していてなおかつ専門的なスキル・柔軟な発想をもって施策を起案できる人が求められます。

プロジェクトの進行には、スピード感を持ち事業を進めていけるような人などを欲しがる傾向があります。

できるだけ即戦力で職場で働ける人であることは必須条件ですが、特にコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力に優れていて多くの資格を持っている人及び外国語スキルなども持ち合わせている人がより有利といえます。

高いハードルを越えてでも副業人材募集に応募するメリットとは?

採用のハードルは、決して低いわけではありません。

その代わり成功すれば収入が上がるだけではなく、将来の待遇も保証される可能性があります。

ですので経営者側にとって、また労働者側にとっても利害が一致しやすいことがいえるでしょう。

副業人材の契約期間

契約期間は、半年から1年くらいの場合が多いです。こちらも企業によって、考え方は変わってきます。

副業人材募集に潜む課題とは?

こうした副業人材の募集には、良い影響が多くある一方で課題についてもあります。

課題1.機密情報漏洩のリスク

まずは、自社が所有する機密情報が漏洩してしまうリスクが挙げられることです。

実は、こうして集められてきた人が他者から送り込まれたスパイだったという可能性が全くないわけではありません。

そのつもりでなくてもついうっかりと規則を破ってしまったという事例もあります。

これは、本業の会社とそれ以外の仕事をしている会社の考え方の違いによる部分から起こります。

課題2.人事評価制度の確立

次に、副業をする人材を専門とした人事評価制度を確立する必要に迫られることも課題としてあります。

どのような評価をすることで適切に働いてもらうかを考えることは、受け入れる側にとっての責務です。

課題3.副業人材のスケジュール

さらには、こうして働いている人は本業のスケジュールが優先されることになりますので、他の仕事の影響による急な休みなどのことも採用する側は把握していなければならない点も課題といえるでしょう。

本業以外の仕事をしている人は、そこでの仕事をしている時間は限られます。限られた時間の中で成果を出していく必要があるため、スケジュールの調整がかなり大変です。

副業人材を受け入れる企業が対処すること

では、こうしたいろいろな課題に対して受け入れ先の企業がどう対処していけば良いかですが、社内の規則を必要に応じて改正していくことがいえます。

そうすることで、受け入れをする側の社内環境を整備していくことが可能です。

-副業

© 2021 キャンディトレンディ Powered by AFFINGER5